写真を撮るのが苦手な人や初心者向け!一眼レフカメラで楽しく素敵に撮るコツをご紹介します

カメラと写真

②自然光がしっかり入る明るいところで撮る

私はこれが一番写真で大事なことだと思っています。

いくらでも編集で暗い写真を明るくすることはできますが、自然光には絶対適いません!

自然光をこの写真にどのようにとりこむか 私はいつもそれを一番に考えて撮っています。

③ポートレート撮影は自然体で、横顔をねらう!

ポートレートとは、人物を主な被写体とした写真のことをいいます。

まずは家族や身近な人を撮って練習するのがおすすめです。

人物を撮るとなると、「はい、そこに並んで、こっち向いて」

とイメージしますよね。

そうではなくて、家族や身近な人の自然な姿を撮っていきます。

夫がテレビを見て笑っているところ、子どもが外で遊んでいるところ、おばあちゃんがお料理しているところなど 

☑相手がカメラを意識していないところで、いい表情をしている時がねらい目!

(最初は何も考えず何枚か連続で撮っていけばいいと思います)

☑真正面からではなくて、横顔を撮ります。

☑被写体と同じ高さか低めにカメラを構える。

立ったまま被写体を見下ろして撮るのではなく、被写体の高さに合わせてカメラの位置を動かします。

なので私は猫を撮る時は、床に這いつくばって撮ったり、チルト式モニターの角度を調整して撮っています。↓こんな感じに


☑真ん中に被写体を置かず、左右どちらかにずらして撮ります。

真ん中に被写体を置きたくなってしまうかもしれませんが、思いっきり左右どちらかに

ずらして撮ってみてください。奥行きがでてちょっとかっこよく撮れると思います。

まずは、このポイントに意識して練習してみてください。

たとえ偶然だとしても、何枚かはぼけ感のある素敵な写真が撮れているはずです!

家族や身近な人だからこその、自然体な素敵な表情がモデル風に撮れると思います。

続きを読む
3 / 4

ひろこ

40代の主婦。夫と三姉妹、長男、猫二匹との暮らし。 単なる日本風という意味だけではない、「和」の魅力に年齢を重ねるごとに惹かれていきます。 毎日を少し丁寧に...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。